八千代市でガレージの大波スレート屋根が台風により飛散、中が水浸しに…

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

PA040001-columns2
八千代市に大きな車庫をお持ちのお客様は、先日の台風の影響で屋根の一部が破損してしまわれました。敷地が大きなご自宅でしたので、自分の敷地に全て落下していたので、不幸中の幸いでした。
PA040030-columns2
屋根がごっそり剥がれてしまいガレージの中が水浸しになってしまわれたそうです。作ってから約20年以上経つとの事ですが、メンテナンスをあまりしていないとの事ですが、鉄骨構造に大波スレートと言えば耐用年数が最も大きいものですが、今回の台風で、被害が出てしまいました。
PA040004-columns2
今回の台風の大きさが分かるように、ごっそりと飛散していました、大波スレートは比較的に重量があるため、広範囲に散らばずに済んでいました。
PA040016-columns2
大波スレートはフックボルトで固定されており、通常の屋根資材よりも飛散しにくいのですが、メンテナンスをしていなかったのか、原因でボルト自体も錆びていて、大風により屋根資材が振動し穴が開き抜けてしまったと思われます。
PA040003-columns1
屋根で飛散しやすい場所は屋根の端っこ部分が多く壁にあたった風が屋根を押し上げてしまい飛散しやすくなってしまいます。特に端に設置してある資材は、止める金物やビスなどが初めから少ないので、飛散しやすくなっていますので、特にメンテナンスや点検が常日頃から必要です。壊れてしまってからだと大きな損害になってしまう事の方が多いので注意が必要です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用