佐倉市上座にて瓦屋根を点検、ラバーロックが劣化を促進している可能性アリ


築30年という瓦屋根の和風住宅にお住まいの佐倉市上座のお客様から「漆喰工事を検討している」とご相談を承りました。17年位前に他社で漆喰工事をしており、同じメンテナンスがまた必要な頃合いということでお声掛けいただきました。瓦自体はメンテナンスフリーですが、それを支えている漆喰は定期的なメンテナンスが必要です。
立派な和風住宅
笠木代わりに瓦が用いられている漆喰の塀、大きな門にも瓦屋根があるという立派なお屋敷です。もちろん、お住まいも純和風の建物でかなり贅沢に造りです。
落葉除けネット
剥がれた漆喰
雨樋にも落葉除けネットを使われていることから、お住まいにこだわりがあり、大事にしていることが分かります。今回、ご依頼いただいたその漆喰の点検ですが、剥がれが起こっています。しっかりと施工されていますが、耐用年数を過ぎてしまっていますので、このような剥がれやひび割れなどがお起こってもおかしくない時期です。漆喰詰め直し工事を行う必要があります。
ラバーロックされた下屋
ラバーロック
お家の屋根の一部にはとんでもないことになっている部分がありました。下屋の一部分の瓦がラバーロックされています。漆喰はほとんど剥がれており、苔も生えています。瓦も縁が割れて剥がれています。これらすべてはラバーロックの弊害です。確かにラバーロック工法によって瓦はずれにくくなりますが、瓦の下に入り込んだ雨水も排出されにくくなります。その結果、漆喰は劣化しやすくなりますし、苔も生えやすくなります。瓦縁が割れているのは恐らく凍害です。逃げ場をなくした雨水が小さな傷から瓦へと浸入し氷となり、割れてしまったのでしょう。こちらは現在の瓦を解体・撤去し、新しい瓦で葺き替えを行わなくてはなりません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........