千葉市若葉区で他社で屋根塗装中のお客様が雨樋の不具合でお困りになっていました


千葉市若葉区のお客様から「現在、屋根塗装をしているのだけど、その業者から雨樋から水が漏れている」と指摘されたとご相談を承りました。何でも『外装工事は全てできます』と言っていたから、屋根塗装の他にも悪いところがあったら直してもらおうと思っていたのにということでした。その業者から足場を他の業者が使うことは了承を得ているということです。
屋根塗装
弊社が訪れた時には既に他の業者は引き上げていたのですが、お客様からお話を聞くとどうやら屋根塗装を行った業者は塗装業者であり、雨樋は対応できないようでした。その塗装業者がお客様が発注した工事会社に連絡を取ってくれたものの、その工事会社は「現場で何とかしろ」と指示しただけで、その塗装業者も呆れてしまい、引き上げたようです。お客様が言うにはその塗装業者は大変親切な方で、雨樋を直せないことといい加減な対応しかしない工事会社のことを謝り、帰ったそうです。帰り際には「雨樋を工事してくれる会社が見つからない場合は自分が絶対に見つけてきますので、お困りであればすぐにお電話ください」と伝えていったそうです。
雨水の溢れた跡
雨樋の変形
他の業者が塗装した直後の屋根を見るのはなかなかないので屋根塗装の仕上りが気になります。なかなか丁寧な仕事がしてありますが、問題は雨樋です。変形しています。降雪の影響で変形してしまったのでしょう。確かに雨樋の周りに水滴がたくさんついています。降雪の影響で雨樋が変形し、固定している金具も歪んで排水不良がはじまったのでしょう。交換が必要な状態です。

いまだにいい加減なリフォーム会社はたくさんあります。それを見極めるのも難しいことでしょう。リフォームで一番、気をつけなければならないのは業者選びなのかもしれません。街の屋根やさんは常に「頼んで良かった」と言われるように努力を続けています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........