不自然な洋瓦の割れと欠け|四街道市

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「家を建てたハウスメーカーから瓦の割れを指摘された。お見積もりしてもらったところ、高かったので、そちらでもお見積もりをしてほしい」と四街道市のお客様からご依頼を受けました。お客様のおっしゃる通り、ハウスメーカーは保証がしっかりしているものの、金額はお高いですよね。メンテナンスに応じてハウスメーカーと専門業者を使い分けるのが賢い選択だと思います。
入母屋屋根
お客様のお家の屋根は何と入母屋で、F型の洋瓦の屋根でした。落ち着いたグリーンの瓦と相俟って、とても素敵ですね。入母屋屋根は珍しいと言われていますが、新しめのお家でもたまに見かけます。
両サイドの欠けた棟瓦
シーリングで補修された瓦
ハウスメーカーに指摘されたという問題の割れた瓦の部分です。割れたというよりも欠けたと言った方が正しいでしょうか。何故か棟瓦の両サイドが欠けています。飛来物などがあって割れたり、欠けたりするのは分かるのですが、なぜ両側が欠けているのか、その原因が分かりません。しかもシーリングで雑に補修されています。シーリングの汚れ具合や剥がれ具合を見る限り、補修してから結構、年月が経っているようです。
角が欠けた瓦
シーリングで処理された瓦の角
違う場所でも瓦が欠けていました。こちらは角の部分ですので、それなり欠けやすいのは分かります。欠けた周りに傷がないところをみると飛来物で欠けたわけではないようです。施工中に衝撃を与えてしまい、その時は大丈夫でも、目に見えないひびが入っており、経年で欠けてしまうことはありえることです。大きく欠けている棟瓦はそのケースでもないようです。

補修する方法は瓦の交換なので、難しいものではないのですが、棟瓦については欠けた理由が分かりません。おそらく瓦の製造工程における不良なのでしょうが、断定はできません。お客様に欠けた部分の瓦交換のお見積もりを提出いたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........