スレート屋根の下地が露出し、傷み過ぎた屋根塗装|千葉市緑区


千葉市緑区のお客様より「屋根の塗装が劣化しているので点検してほしい。」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。築20年になるお客様邸ですが、一度も屋根塗装を行っていないという事です。屋根に上がると塗装が経年により劣化しているのが確認できます。日々、太陽光の紫外線、雨や風などの影響を受けていますので徐々に塗装が劣化していきます。屋根塗装は化粧スレートを保護しているので、塗装が劣化してくると防水性や耐久性が低下し雨水などの水分を吸収しやすくなってしまいます。吸収された水分は、西側や南側の陽当たりの良い方角でしたら乾燥しやすいのですが、陽当たりの悪い北側の屋根は乾燥しにくい為、カビや苔が発生しやすく劣化も早く進行してしまいます。
DSC_0970_R
DSC_1045_R
また、苔やカビ以外に塗膜が剥がれており下地が露出している部分を発見しました。外壁や屋根などお住まいの殆どは塗装で保護されています。保護機能を失った部分は劣化の進行が早く、ひびが入ったり割れたりなどの症状が出てしまいます。その他に現れる症状としては、スレートの反りです。天候や寒暖の差の影響を受け膨脹と収縮を繰り返し行っていると元の平らな状態を保つことが出来なくなります。そうなると、煽っている隙間から雨水が浸入しやすくなります。反った状態の化粧スレートにいくら塗装などのメンテナンスを施工しても元通りには戻りません。また、スレートの寿命は一般的に20年と言われており、現在の状態で塗装をしても塗料の機能が十分に発揮できない可能性があり耐久性も期待できません。
必要な工事としては、既存の屋根材はそのまま残し、その上から防水シートと屋根材を葺く屋根カバー工事をご提案しました。
DSC_0975_R
DSC_0934_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさんにお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P8160013_R

千葉市緑区のお客様より「屋根の塗り替えを考えているので点検してほしい。」と、ご相談をいただき化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧スレートは太陽光や紫外線、風雨や埃などの外的影響から守るために塗装で保護しているのですが経年の劣化により塗装...........

DSC_0654_R

千葉市中央区でディートレーディングのディプロマットを使用した屋根カバー工事を行なっています。「ジンカリウム鋼板」を基材とする金属屋根材のディプロマットは軽量で錆に強いので耐久性に優れています。屋根材に使用される金属屋根ではアイジー工業が製造...........

DSC_0633_R

千葉市中央区で屋根リフォームをご検討されていたお客様よりご相談をいただき、屋根カバー工法での屋根工事を行なっています。屋根カバー工法とは、既存の屋根はそのまま残して棟板金と棟板金の下地材の貫板を撤去し、その上にルーフィング(防水シート)を設...........