ルーフィングの劣化により雨漏り|四街道市


四街道市のお客様より「雨漏りしているので見に来てほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。以前も雨漏りが発生しており当時、補修した業者がラバーロック工法を用いコーキング材で瓦と瓦を隙間なく埋めていったという事です。見た目には隙間が無いので雨水は浸入しないと思う方もいらっしゃると思います。また、雨水が直接浸入するのを防いでいるのは屋根材だと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。屋根は瓦とルーフィング(防水シート)で雨水の浸入を防ぐ二重構造になっていますので、お住まいの雨水の浸入を防いでいるのはルーフィングなのです。ですから、雨漏りはルーフィングの劣化で起こります。
PA180064_R
PA180070_R
通常、屋根内部に雨水が入っても隙間がある事で雨水の逃げ道となり排水できます。しかし、隙間を埋められてしまった屋根は密閉されていますので、雨水が入り込んだ時に逃げ道を失い室内へと廻り込んできます。そして、換気もできない状態なので、湿気も溜まってしまい野地板などに雨水や湿気などの水分が染み込んでしまいます。そうなる事で野地板に蓄積された水分が天井や壁に雨漏りを発生させてしまうのです。ラバーロック工法を用いた瓦は、使い回しができる葺き直し工事は出来ませんので、屋根葺き替え工事をご提案しました。
DSC_3823_R
DSC_3876_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_6474_R

千葉市中央区のお客様より「瓦の屋根が茶色く変色している部分があるので見に来てほしい。」とご相談をいただき、セメント瓦の調査を行いました。セメント瓦はセメントと砂を主な原料としています。塗装されているのが一般的で表面を保護してあります。日本瓦...........

DSC_6316_R

船橋市にて築30年のお客様邸の屋根葺き替え工事が始まりました。地震対策として瓦の屋根から軽量化したいという事でガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えます。本日の作業は瓦降ろしになります。瓦降ろしはその名の通り既存の瓦を撤去し降ろす作業です。葺き替...........

P5140020_R

千葉市稲毛区のお客様より「屋根塗装を考えている」とご相談をいただき、調査を行いました。築30年で屋根材は化粧スレートです。前回の屋根塗装から11年経過しているという事で塗装が剥がれ、下地が露出しているところもあります。下地が露出してしまうと...........