千葉市緑区でバルコニーを点検、帯状に残ってしまう汚れの原因を探る


千葉市緑区のお客様から「バルコニーの室内側とは反対のところに帯状に汚れが残ってしまい、見た目も悪いし困ってしまう」とご相談をいただきました。建物の状況をお聞きしますと、築十数年でメンテナンスはまだ屋根も、外壁も、バルコニーも行ったことがないとのことです。
越し壁に沿って残る床面の汚れ
上の画像が問題のバルコニーです。お客様のおっしゃられる通り、室内側と逆の壁に沿って汚れが残っています。この部分はベランダの手摺り壁で日当たりも悪く、確かに苔やカビが発生しやすい場所ではありますが、ちょっと汚れの量が多いですよね。他の部分が綺麗なだけに余計に目立っています。
ここも帯状の汚れ
床面はざらざら
バルコニーの床面の勾配(傾斜)がうまく取れておらず、隅や角で同じように汚れがあるのかとも思いましたが、どうやらそうではないようです。室内の逆側の壁のところに汚れが停留ているのです。築十数年で、まだどこもお手入れしないそうなのでバルコニーの床面は全体的にザラザラしており、汚れも溜まりやすくなっています。おそらくですが、空気の流れ(風の流れ)の関係でここに一番、埃が溜まりやすいのでしょう。そろそろトップコートを塗布してあげないと防水面でも不安なってくる築年数です。
シーリングされていない
シーリング材が少ない
点検をしているうちに変な点があることに気付きました。窯業系サイディングの下部が浮いている場所があります。これは反りでこうなったわけではなく、しっかりと固定されていないことが原因でした。おそらく新築時に施工し忘れたのでしょう。他の部分はしっかりと固定されていたので、まずは一安心です。バルコニーをトップコードでメンテナンスをする際にこちらもしっかりと固定いたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........