千葉市緑区でバルコニーを点検、帯状に残ってしまう汚れの原因を探る

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市緑区のお客様から「バルコニーの室内側とは反対のところに帯状に汚れが残ってしまい、見た目も悪いし困ってしまう」とご相談をいただきました。建物の状況をお聞きしますと、築十数年でメンテナンスはまだ屋根も、外壁も、バルコニーも行ったことがないとのことです。
越し壁に沿って残る床面の汚れ
上の画像が問題のバルコニーです。お客様のおっしゃられる通り、室内側と逆の壁に沿って汚れが残っています。この部分はベランダの手摺り壁で日当たりも悪く、確かに苔やカビが発生しやすい場所ではありますが、ちょっと汚れの量が多いですよね。他の部分が綺麗なだけに余計に目立っています。
ここも帯状の汚れ
床面はざらざら
バルコニーの床面の勾配(傾斜)がうまく取れておらず、隅や角で同じように汚れがあるのかとも思いましたが、どうやらそうではないようです。室内の逆側の壁のところに汚れが停留ているのです。築十数年で、まだどこもお手入れしないそうなのでバルコニーの床面は全体的にザラザラしており、汚れも溜まりやすくなっています。おそらくですが、空気の流れ(風の流れ)の関係でここに一番、埃が溜まりやすいのでしょう。そろそろトップコートを塗布してあげないと防水面でも不安なってくる築年数です。
シーリングされていない
シーリング材が少ない
点検をしているうちに変な点があることに気付きました。窯業系サイディングの下部が浮いている場所があります。これは反りでこうなったわけではなく、しっかりと固定されていないことが原因でした。おそらく新築時に施工し忘れたのでしょう。他の部分はしっかりと固定されていたので、まずは一安心です。バルコニーをトップコードでメンテナンスをする際にこちらもしっかりと固定いたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........