化粧スレート屋根の間違った雨漏り補修|千葉市花見川区


千葉市花見川区のお客様より「3か月前に業者に雨漏り補修をしてもらったのですが、室内に雨染みができて雨漏りが再発したかもしれないので調査してほしい」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。お客様に雨染みが出来ている部屋にご案内していただいた後、梯子を使い2階の屋根に上がると化粧スレートや棟板金がシーリング材で処理されているのを見た瞬間に雨漏りの原因だという事が分かりました。ラバーロック工法は一般的に瓦に用いる工法です。且つ、隙間無くシーリング処理を行うのは間違った施工なのです。見た目には隙間が無いので雨水は浸入しないと思われますが、隙間を塞いではいけないという事にはしっかりとした理由があるのです。
DSC_5641_R
DSC_5632_R
化粧スレートなどの屋根材は屋根材と屋根材の間に隙間が無いといけません。同様に棟板金と屋根材にも隙間が無いといけません。隙間があると雨水が入って雨漏りしてしまうのではないかと思う方もいらっしゃると思いますが、屋根材の下には雨水の浸入を防ぐルーフィングなどの防水シートが設置されていますので心配ありません。棟板金はシーリング材で継目に防水処理を施してあります。風の影響や地震などの揺れにより剥がれたり裂けたりすることもありますが、屋根内部に雨水が入っても隙間がある事で雨水の逃げ道となり、排水できます。ところが、隙間を埋めて屋根材の周辺を密閉してしまうと、雨水が入り込んだ時に逃げ道を失い、室内へと廻り込んできます。そして、換気もできない状態なので、湿気も溜まってしまうのです。その後、野地板などに雨水や湿気などの水分が染み込むことで雨漏りを発生させてしまうのです。
DSC_5638_R
DSC_5637_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

シーリング材が詰められた板金

千葉市若葉区のお客様から雨漏りについてのご相談を受けました。「雨漏りがはじまって他の業者に修理してもらったところ、一度はよくなったものの、またはじまってしまった」とのことです。直ったと思ったら、またはじまってしまった雨漏り、とてもご不安だと...........

5f7bc7ea1fd513da79fe7b7da5c3413f

「雨漏りが以前から気になっていて一度点検、調査をお願いしたい」と船橋市にお住まいのお客様からご相談を承りました。雨漏りはお家の構造を支える木材などの骨組みに影響を及ぼし、シロアリの発生や木部の腐食などのリスクが高まります。費用の事や工事の手...........

外壁の構造クラック

「ちょっと前から雨漏りするようになってしまい、雨の日がとっても不安」というご相談をお客様からいただき、そのお住まいのある千葉市花見川区へお伺いしました。まずはお部屋を見せていただいたところ、雨染みができており、明らかに雨漏りであることが分か...........