スレートの反りが発生する前に屋根塗装を行いましょう|千葉市若葉区


千葉市若葉区のお客様より「築20年で9年前に屋根塗装をしたのですが、2回目はいつ頃すれば良いのか分からない」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。梯子を使い2階の屋根に上がると屋根塗装が劣化し色褪せているのが分かります。屋根塗装や外壁塗装の塗り替え時期は10年サイクルと言われていますが、塗料の種類や屋根の状態などの様々な条件により異なってきます。太陽光や紫外線、風雨などに晒されている屋根は徐々に傷みが蓄積され塗装が剥がれていきます。化粧スレートなどの屋根材の塗装が剥がれてしまうと防水性や耐久性が低下していきますので、下の写真のように色褪せが目立ってきます。色の濃い部分は水分を含んでおり、太陽光に当たっても乾燥し難い状態になってしまい、水分を好む苔やカビが発生してしまいます。苔やカビの発生を放置してしまうと、次第に繁殖し屋根材にダメージを与えていきます。また、水分を含んでいる部分は太陽光の影響を受けると反り返りが起こり、屋根材と屋根材の隙間が必要以上に開いてしまう為、雨水が内部に浸入しやすくなってしまいます。
DSC_2427_R
DSC_2425_R
反り返りが起こると、耐久性が低下して屋根材が脆くなってしまいます。脆くなった屋根材はひび割れなども起きてしまい、強風や突風の影響により欠けてしまったり飛散する事で雨漏りに繋がる危険性があります。冒頭に「塗装は10年サイクル」とお伝えしましたが、あくまでも目安でありメンテナンス時期は様々です。塗装が剥がれ下地が見えてしまうと保護機能は失われ、傷みの進行が早まり、屋根材の寿命を縮めてしまう事に繋がります。屋根材の傷みが進行すればするほど塗料の耐用性も短くなってしまいます。お客様には調査のご報告をし、「屋根の寿命を延ばす事と塗料の機能を十分に発揮させる為にも塗り替えの時期です」とお伝えし、屋根塗装工事のご提案をしました。
DSC_2422_R
DSC_2424_R
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさんにご相談ください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

20180131_180201_0012_R

屋根瓦の棟の漆喰が経年の劣化により剥がれてしまい、雨漏りの心配をしていた千葉市花見川区のお客様邸で棟取り直し工事を行っております。幸いにも現在雨漏りなどの被害は発生していませんが最近雨天が続いていますので油断は禁物です。棟の熨斗瓦などは既存...........

P5150043_R

千葉市中央区のお客様より「屋根の漆喰が傷んで割れている部分があるので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。漆喰は古くから建物の内装や外装に幅広く使用されている建材です。瓦屋根の棟部分にも使用されております。漆喰が...........

DSC_6226_R

千葉市若葉区のお客様より「屋根の漆喰に穴が開いているので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。漆喰は雨水の浸入を防ぐ役割や棟瓦と屋根瓦を固定する接着剤の役割があります。穴が開いているというのはどのような状態なのか...........