アスファルトシングルに藻や苔の発生|習志野市


習志野市のお客様より「屋根のリフォームを検討しているので一度、見てほしい」とご相談をいただきました。お客様の屋根は化粧スレートの上にアスファルトシングル材で屋根カバー工法でしたものです。アスファルトシングルは屋根材の下に敷かれているアスファルトルーフィングなどの防水シートに石粒や砂粒を吹き付け、屋根材として使用できるようにしたものです。アメリカでは住宅の屋根の7割がこのアスファルトシングルだといわれており、近年では日本でも洋風のお家がお好みの方などに選ばれようになってきました。シート状になっている事から折り曲げる事ができ、ハサミやカッターなどで簡単に切る事も可能で、曲面にも使用出来る柔軟さを持つ優れものです。
P4230014_R-2
P4230021_R
アスファルトシングルは、化粧スレートや瓦などと比較すると苔や藻が発生し難いと言われています。屋根材の表面に粒状の彩色石が吹き付けてあるので、藻が付着しにくい対藻性能に優れているのです。しかし、こちらのお客様邸の屋根は陽当たりが悪く日照時間が短い北側に苔や藻、カビが発生しています。優れた防水性能を持つアスファルトシングルを葺いてから15年という事ですが、水分を好む苔や藻の発生は防水性が低下している証拠で、その範囲が拡大してしまったようです。傷みは防水性の低下だけではなく、専用の接着剤で接着してある屋根材が経年の劣化と共に剥がれてきており、強風時にはパタパタと捲れているという事です。早期対応が必要です。強風に強いと言われているアスファルトシングル材ですが、捲れてしまっては飛散する危険性に繋がります。築30年という事もあり、下地の耐久性が低下している事からお客様には屋根葺き替え工事をご提案しました。
P4230007_R
P4230010_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P8160013_R

千葉市緑区のお客様より「屋根の塗り替えを考えているので点検してほしい。」と、ご相談をいただき化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧スレートは太陽光や紫外線、風雨や埃などの外的影響から守るために塗装で保護しているのですが経年の劣化により塗装...........

DSC_0654_R

千葉市中央区でディートレーディングのディプロマットを使用した屋根カバー工事を行なっています。「ジンカリウム鋼板」を基材とする金属屋根材のディプロマットは軽量で錆に強いので耐久性に優れています。屋根材に使用される金属屋根ではアイジー工業が製造...........

DSC_0633_R

千葉市中央区で屋根リフォームをご検討されていたお客様よりご相談をいただき、屋根カバー工法での屋根工事を行なっています。屋根カバー工法とは、既存の屋根はそのまま残して棟板金と棟板金の下地材の貫板を撤去し、その上にルーフィング(防水シート)を設...........