なんばん漆喰で棟取り直し|千葉市花見川区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

屋根瓦の棟の漆喰が経年の劣化により剥がれてしまい、雨漏りの心配をしていた千葉市花見川区のお客様邸で棟取り直し工事を行っております。幸いにも現在雨漏りなどの被害は発生していませんが最近雨天が続いていますので油断は禁物です。棟の熨斗瓦などは既存の物が使えますので漆喰の取り直しを行います。使用する漆喰は「なんばん漆喰」です。漆喰は古くから使用されている建材であり、日本の四季の寒暖や台風などの様々な気候に対応しています。また、伝統建築である社寺建築や一般住宅に至る瓦屋根には欠かす事の出来ない建材です。
P1310040_R
DSC_5081_R-1
瓦屋根の棟部分は従来、葺き土を使用し土台としてきましたが、なんばん漆喰は一回仕上げになりますので葺き土は使用せずその代わりを担います。硬化度も促進されていますので工期も短縮されます。また、特殊なシリコンを配合し、吸水率を低減することで雨水が浸透しにくく崩壊し難いのも特長の一つとして挙げられます。ですから、従来の葺き土と漆喰の棟と比較すると高耐久、高防水の棟に仕上がるのです。本日の棟取り直し工事は二階屋根の施工を完了し終了です。残すは一階部分のみです。お客様が雨漏りの心配をせずに生活できるよう丁寧に施工します。
20180131_180201_0010_R
20180131_180201_0012_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ca6fce5b42caa9e2c64026e45b56b8c8

習志野市で行った瓦屋根の調査の様子をご紹介します。お客様より「鬼瓦がズレているような気がするので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。下から見るとズレているように見えるので屋根に上がり確認すると、のし瓦がずれた影響で鬼瓦がズレ...........

bd3697e7feae975ce9977e2d07071fbf

千葉市稲毛区にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介します。「台風の強風による影響で瓦が落ちてきた。」と、お問い合わせをいただきました。お客様に落ちてきた瓦を見せていただくと冠瓦だという事が分かりました。冠瓦は、屋根の棟の部分に設置されている瓦...........

4ba3636cacdcded9d078b1ee6d578ae2

台風24号による被害が後を絶ちません。船橋市のお客様邸では台風24号の強風により屋根の上のアンテナが倒れ、軒先の瓦がズレてしまったという事でその屋根の点検を行いました。お客様に該当箇所をご案内していただくと、瓦が今にも落ちそうになっていまし...........